コラム 引越し業者

赤帽のキャンセル方法!気になる費用と注意点

投稿日:

赤帽で契約したけど、他の引越業者に変えたい、そもそも引越しする必要がなくなった等で、キャンセルしたい方もいらっしゃると思います。

ただそんな赤帽のキャンセルに関して、下記のようなお悩みをお持ちの方も多いでしょう。

赤帽は例え契約してしまったとしても、もちろんキャンセルすることができます。

ただ日程によってはキャンセル料が発生したり、資材を買い取らなければいけない場合もあるので十分な注意が必要です。

こちらの記事を読んでいるあなたには後悔しないよう、赤帽に関わる下記の内容をお伝えしますので是非参考にしてみてください。

なお、赤帽のそもそもの口コミや評判が気になる方は下記記事もご参考にしてみてください。

とにかく安い「赤帽」ってどう?利用者の評判・口コミと更に安くするコツ

引越しの準備を進めていて、赤帽を候補の一つにしている方も多いと思います。 ただ、下記のようなお悩みもお持ちの方も多いのではないでしょうか。 赤帽はとことん費用を安く引越ししたい方にオススメです。 実際 ...

続きを見る

1.赤帽のキャンセル料

こちらでは赤帽とその他の引越業者のキャンセル料に関してご紹介します。

ではまず本題の赤帽に関してみてみましょう。

赤帽のキャンセル料は?

まず赤帽のホームページに記載されている情報をみてみましょう。

赤帽

簡単にまとめますと、下記のようになります。

キャンセル料

  • 引越し前日より前のキャンセル:無料
  • 引越し前日のキャンセル:引越し代の10%
  • 引越し当日のキャンセル:引越し代の20%

では他の引越業者はどうなんでしょう?

引越業者のキャンセル料は?

実は、他の引越業者も赤帽もキャンセル料に関する決まりは全て同じです。

理由としては、引越し業界では「標準引越運送約款」という下記のようなお固い法律が存在するからです。

標準引越運送約款

標準引越運送約款、第8章の第20条 2前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。

  1. 見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき見積書に記載した運賃の10パーセント以
  2. 見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき見積書に記載した運賃の20パーセント以内

要するに、赤帽だけがキャンセル料がかかる訳ではありません。

日本のどの引越業者でも規則のもと、下記のように運営を行なっています。

キャンセル料

  • 引越し前日より前のキャンセル:無料
  • 引越し前日のキャンセル:引越し代の10%
  • 引越し当日のキャンセル:引越し代の20%

「キャンセル料は理解したんだけど、もらっちゃったダンボールとかガムテープはどうすればいいの?」

上記のように悩まれている方も多いでしょう。

続いては赤帽をキャンセルする場合にすでにもらった資材をどうするか説明します。

2.赤帽キャンセル時のダンボールやガムテープ等の資材はどうする?

こちらでは契約時にもらったダンボールやガムテーム等の対応に関してご紹介します。

キャンセル時の資材に関する引越し業界の決まり

キャンセル時のダンボールやガムテープ等の資材に関しても「標準引越運送約款」に明記されています。

標準引越運送約款

標準引越運送約款、第8章の第20条 2前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。

  • 解約の原因が荷送人の責任による場合には、解約手数料とは別に、当店が既に実施・又は着手した附帯サービスに要した費用(見積書に明記したものに限る)を収受します。

要するに引越業者はキャンセル料とは別にダンボールやガムテープなどの資材の費用に感してを請求することができるわけです。

ではこちらの記事で説明している赤帽はどのように請求をするのでしょうか?

赤帽の対応

使用したダンボールやガムテープは買い取る必要がございますが、使用していない場合送り返せば返金してくれるようです。

ただ支店やエリアによって、そもそも資材を提供する等のサポートが異なりますので、ご自身の契約にそった対応・確認するようにしてください。


2日前ならキャンセル自体には費用はかからないですが、利用してしまった資材に関する費用はかかってしまうことは念頭に置いておきましょう。

では最後に赤帽のキャンセルする方法をお伝えします。

3.赤帽のキャンセル方法

赤帽をキャンセルする方法はいたって簡単です。

契約した赤帽の支店に電話するだけです。

電話する際は下記を簡潔に伝えるように心がけましょう。

伝えるポイント

  • 氏名
  • 引越し予定日
  • キャンセルをしたい旨
  • 資材の返品・返金方法を知りたい

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

こちらの記事では赤帽のキャンセル方法をお伝えしました。

キャンセル料は下記のようにかかります。これはどの引越業者でも同じことが言えます。

キャンセル料

  • 引越し前日のキャンセル:引越し代の10%
  • 引越し当日のキャンセル:引越し代の20%

また資材費に関しては、未使用のものは赤帽に返品できますが、使用済みのものは自身で買い取らなければいけません。

またキャンセル方法は至って簡単で契約した支店に電話すれば問題ではありません。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

引越し費用が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 利用を検討してみたいけど、下記のようなお悩みも多いのではないでしょうか。 こちらでは、大手引越業者に9年勤めていた筆者が、時点で確 ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする引越し侍。独特なCMやラジオで有名なサービスです。 引越し費用を安くできる「引越し一括見積もりサービス」を展開し、累計実績2,600万件の業界シェアダントツ1位を誇 ...

-コラム, 引越し業者

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.