コラム

引越しの繁忙期と閑散期はいつ?気になる費用相場と3月でも安く引越す方法

投稿日:

繁忙期に引越しをしてしまうと高くなってしまうのは理解しているけど、下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

こちらの記事では上記のお悩みに関して下記の内容をお伝えします。

お伝えする内容

  • 繁忙期&閑散期の時期
  • 繁忙期&閑散期の相場
  • 繁忙期でも引越し費用を安くする方法

こちらの記事を読むことによって、繁忙期や閑散期の具体的な時期や相場がわかるだけではなく、費用の高いと言われている繁忙期でも安く引越しをする方法がわかるようになります。

1.引越しの繁忙期と閑散期はいつ?

まずは引越しの繁忙期と閑散期がいつなのか見ていきましょう。

こちらでは総務省統計局が提供している実際に引越しを行った人の数を参照にします。

参照:総務省統計局

上記グラフを見ればすぐにわかるのですが、引越しの繁忙期は3・4月になります。

繁忙期ほどわかりにくいですが、閑散期は1・11月になります。

ではこのような繁忙期や閑散期が、引越し費用にどのように影響が出るのか気になりますよね。

2.繁忙期と閑散期の引越し費用・料金

こちらでは実際に引越しをした人が引越しをした月と費用を書き込める下記の口コミサイトを参考にします。

ではそれぞれの口コミに表示されている費用をみていきましょう。

参照1:引越し侍

参照:引越し侍

参照2:Suumo

参照:Suumo

参照3:価格コム

参照:価格コム

やはりこう見ると、繁忙期の3・4月の費用は高くなり、閑散期の1・11月の費用は安い傾向にあります。

繁忙期になると1.3-1.5倍の費用がかかると思って良いでしょう。

実際に下記のような口コミを見られます。

引越し費用を抑えたいならなるべく繁忙期は避けたいところです。

ただ転勤や進学等、どうしようもない場合もありますよね。

最後に繁忙期の引越しでも、費用を安くする方法を下記に記載しますので是非参考にしてみてください。

3.繁忙期の引越しを安くする方法

今までの説明で、繁忙期の3・4月は引越し費用が1.3-1.5倍近く高くなる傾向がわかりました。

ここでどのようにすれば引越し費用を安くできるかお伝えできればと思います。

引越し費用を安くする10の方法

下記の方法を試せば引越し費用は必ず安くなると言えるでしょう。

10つの方法

  1. 安い"月"を選ぶ
  2. 安い"曜日"を選ぶ
  3. 安い"時期"を選ぶ
  4. 安い"時間帯"を選ぶ
  5. 自分で荷造りをする
  6. 自分でダンボールを用意する
  7. 単身パックを利用する(荷物が少ないなら)
  8. 混載便を利用する(長距離の引越しなら)
  9. 安い"引越し業者"を選ぶ
  10. 正しい方法で値引き交渉を行う

より詳細を確認されたい方は下記記事をご覧くださいませ。

半額以下になる!?引越し業者の費用・料金を安くすための10つの方法

「引越し費用を安くしたい!」 誰もが思う願望ですよね。 こちらの記事では引越し費用を少しでも安くする10つの方法を一挙公開します。 試して頂けますと必ず安くなりますの是非参考にしてみてくださいませ。 ...

続きを見る

なお、10項目目の”正しい方法で値引き交渉を行う”が下記のように最も安くなり・最も重要な方法ですので、詳細をこちらの記事でも説明させてください。

正直正しい方法で値引き交渉されすれば、下記のように十分安くなり他の項目は試さなくてもいいと言えますので下記の詳細を参考にしてみてください。

正しい方法で引越業者に値下げ交渉をする方法

とっても重要なことです。

誤った方法で行うと必ず後悔する結果になりますので、是非参考にしてください。

誤った見積り方法では費用がとても高くなる

引越しをするには引越し業者に見積もりを依頼する必要がありますが、方法を誤ると下記のように高くなってしまいます。

上記の口コミに関して、いくら繁忙期でもあまりにも高い料金になってます。

ではなぜこのように見積もりが高くなるのでしょうか?

引越しの費用に相場はない

実は引越しの費用に相場は存在しません。

全てが引越業者の言い値になってしまいます。

あなたが何もしないと、引越業者の言い値で費用が決まってしまいます。

逆に言うとしっかり比較や交渉を行えば下記のように驚くほど費用は安くなります。

では具体的にどのように比較・交渉をしてばいいのでしょうか?

費用を安くする正しい比較・交渉方法

比較・交渉には、必ずその他の引越業者の安い見積もりが必要になります。

見積もりがあれば「サカイ引越センターさんの見積もりは4万円ですけど、アートさんはもう少し安くできませんか?」と交渉することができるのです。

ではその見積もりを手に入れる方法をご紹介します。方法は主に下記2つになります。

見積もりを手に入れる2つの方法

  1. 一括見積もりサービス
  2. Web予約サービス
引越し一括見積もりサービスを利用

一番一般的な方法になります。

各サービスの実績を加味したところ、少なくとも累計3,000万人、日本人の4人に1人が利用したことがあるサービスです。

3分もかからないフォームに自身の情報を記載するだけで、厳選された引越業者から連絡をもらえます。

メリット:引越業者が競い合うために、費用が最安値になる

デメリット:電話がたくさんかかってくる

2018年8月時点で、日本には8つの引越し一括見積りサービスが存在しますが、圧倒的な実績と手厚いサポートの引越し侍を利用しておけば間違いありません。

https://hikkoshizamurai.jp

 

より詳細を見たい方は下記をご覧くださいませ。

【2018年最新】オススメの引越し一括見積りサイト|特徴と利用時の注意点

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、日本人の3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ同時に下記のような悩みを持って ...

続きを見る

Webのみの一括見積もりサービスを利用

「各社の見積りは知りたいけど、電話対応するのが嫌」

そんな方には、同じ引越し侍が展開する電話対応が不要な予約サービスをオススメします。

インターネット上で、各引越業者の見積り費用を確認でき、そのまま予約・問い合わせできるサービスになります。

参照:引越し侍

メリット:電話対応をする必要がない

デメリット:引越業者が競い合わないため、費用が最安値とは限らない

https://hikkoshizamurai.jp

 

より詳細を見たい方は下記をご覧くださいませ。

【しつこい電話なし】引越し侍のネット予約はメールのみで完結

引越し侍を利用すれば、必ずと言えるほど引越しの料金が安くなります。実際に10万円以上や当初の半額以上になる場合もございます。 もしあなたが引越し料金を安くしたいなら、オススメできるサービスと言えます。 ...

続きを見る

上記2つの方法のどちらかでも試せば、驚くくらい費用が安くなりますので是非参考にしてみてください。


少し長くなってしまいましたが、正しい見積もり方法をご紹介してきました。

驚くほど安くなりますので、下記の対処法を参考にし、安い見積もりを手に入れてから、引越し業者の比較、交渉を行いましょう。

対処法

  1. 電話対応してもよく、費用が最安値にしたい方は「引越し一括見積りサービス
  2. どうしても電話対応が嫌な方は「引越し予約サービス

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

こちらの記事では引越しの繁忙期・閑散期に関して記載していきました。

繁忙期の3・4月の費用は高くなり、閑散期の1・11月の費用は安い傾向にあります。

繁忙期になると1.3-1.5倍の費用がかかると思って良いでしょう。

 

引越し費用を抑えるためにタイミングを調整することはもちろん重要です。

ただより最も費用が安くなり、最も重要な方法が、"正しい方法で引越業者に値下げ交渉をする"になります。

必ず下記の対処法で安い見積もりを手に入れてから、正しい値下げ交渉を行いましょう。

対処法

  1. 電話対応してもよく、費用が最安値にしたい方は「引越し一括見積りサービス
  2. どうしても電話対応が嫌な方は「引越し予約サービス

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、日本人の3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ同時に下記のような悩みを持って ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

-コラム

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.