引越し業者

どんな補償をしてくれるの?引越し業者の2つの保険と補償内容

投稿日:

「大切な家具が壊れた」

「どれだけ探しても見つからないものがある」

どれだけ優良な引越し業者を利用しても、荷物が紛失したり壊れたりする可能性はあります。

この記事ではそんなあなたの一大事に引越し業者はどんな保険に入っていて、あなたにどんな補償をしてくれるのか説明します。

1.引越し業者の2つの保険と保障内容

引越しに関わる保険として下記2つの保険が挙げられます

2つの保険

  1. 運送業者貨物賠償責任保険
  2. 引越し荷物運送保険

それぞれどのような保険なのでしょうか。

引越し業者が入る「運送業者貨物賠償責任保険」

運送業者貨物賠償責任保険は、引越し業者が運送中の受託貨物を紛失・破損したときに負う利用者に対する損害賠償責任を補償する保険です。

以上を特徴とする保険なので、引越し業者が加入します。利用者が保険料を払う必要はありません。

運送業者貨物賠償責任保険が補償する上限金額は通常1000万円です。

契約内容によってはこれ以下になっていることがあるので、引越し業者が運送業者貨物賠償責任保険に加入していることとあわせて補償の上限額を確認しておくことが重要です。

利用者が入る「引越し荷物運送保険」

引越し荷物運送保険は、引越し業者から賠償を受けられないときに備えて利用者が加入する保険です。

引越し作業中に生じた家財の損害は、「引越し業者が運送業者貨物賠償責任保険へ加入している・加入していない」にかかわらず標準引越運送約款に基づき賠償を受けられます。

ただし、全ての損害に対する賠償を受けられるわけではありません。

賠償を受けられない荷物や責任の有無を明確にできないケースなどがあるからです。

このようなケースに備えて、利用者が加入する保険が引越し荷物運送保険です(補償を上積みする目的で加入することもできます)。

保険料を支払うのは利用者です。補償の上限額は契約内容により異なります。

以上、引越しに関わる保険を解説しました。続いて、引越しに関わる保険の注意点を解説します。

2.引越し業者の保険に入ったからと言って安心ではない

運送業者貨物賠償責任保険・引越し荷物運送保険に加入したからといって、全てのトラブルに対応できるわけではありません。

次のポイントなどに注意が必要です。

保険対象外の品

最初に注意したいのが補償対象外の荷物です。

対象となる荷物は引越し業者、あるいは加入する保険により異なりますが、以下の荷物などが対象外になると考えられています。

保険対象外の品一覧

  • 現金・有価証券・地金(金・銀・白金など)
  • 貴金属・宝飾品・宝石
  • 美術品・骨董品など
  • 帳簿類・設計図など
  • パソコンのデータ
  • 楽器
  • 違法な荷物・公序良俗に反する荷物

以上のほかに、補償の範囲が制限される荷物もあります。保険に加入していることで安心せず、補償の対象となる荷物について確認しておくことも重要です。

わからない点や気になる点は、引越し業者や保険会社に確認すると良いでしょう。

引越し業者は補償を渋る

引越し作業で生じた損害に対する賠償を渋る引越し業者がいる点にも注意が必要です。

引越し業者の中には、翌年以降の保険料アップを恐れて運送業者貨物賠償責任保険を利用したがらないところがあるといわれています。

保険を使わなくても損害を補償してくれるのであればよいのですが、補償を渋る引越し業者を説得することは簡単ではありません。

引越し業者の責任を明確にすることが難しいからです。引越し業者を選ぶときは、口コミなどで過去の対応なども確認しておきましょう。

以上、引越しに関わる保険の注意点を解説しました。続いて、もしもの場合の対処法を紹介します。

3.もしもの場合の対処法

引越し作業中に生じた家財の損害は、標準引越運送約款に基づき賠償を受けられます。

もしもの場合は、次の流れで対処してください。荷物の状態を確認するタイミングから解説します。

1.引越し後、速やかに荷物の状態を確認する

時間が経過すると責任の所在を明らかにしづらくなります。引越し後は、出来るだけ早く荷物の状態を確認します。

2.引越し業者の担当者へ連絡し確認してもらう

荷物の破損を確認したら、引越し業者の担当者と一緒に確認します。今後の進め方も相談しておきます。

3.引越し業者の責任者と話し合い

荷物が破損した原因と責任の所在を明らかにするため、引越し業者の責任者と話し合います。責任が引越し業者にある場合は補償を受けられます。

4.補償内容を決める

引越し業者に責任がある場合、補償内容を決めます。金銭での補償ではなく、修理や同等価値の商品と交換になるケースもあります。

補償を受けられないケースに備えたい方は、保険料を自分で払う引越し荷物運送保険へ加入すると良いでしょう。

以上、もしもの対処法を解説しました。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、日本人の3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ同時に下記のような悩みを持って ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

-引越し業者

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.