引越し業者

引越し業者に頼むメリット・デメリットってなに?あなたの要望にあった引越しの手段を解説

投稿日:

引越しの準備を進めている中「そもそも自分で引越しできるのでは?」「引越し業者に頼むとどんな良いことがあるの?」など引越し業者のメリット・デメリットに関して悩みを持っている人も多いでしょう。

そもそも、引越し業者に頼まなくても引越しはできます。

この記事では引越しをする際の全手段の特徴、その中でも引越し業者に頼むメリット・デメリットを解説します。

最終的にはあなたが引越し業者に頼むべきが、頼まないならどのような手段を取ればいいかわかるようになるので参考にしてみてください。

1.引越しをする際の手段

この章では、引越する手段とそれぞれの特徴を解説します。

引越しをするには下記4つの手段があります。

手段特徴
引越し業者引越しのスペシャリストが専用のトラックなどを利用して引越し作業を行ってくれる。ニーズに合わせた様々なプランが用意されている点も特徴。
赤帽軽貨物運送業者。ドライバー1名が軽自動車を利用して引越しを手伝ってくれる。引越し業者に比べ割安な点が魅力。重い荷物の搬出入などで、作業の手伝いを求められることがある。
レンタカー軽トラックなどのレンタカーを利用して自力で引っ越す方法。荷物の少ない引越しに適している。割安といわれることが多いが、引越し業者の単身プランなどと比べるとそれほど割安ではないことも。手間・料金などを比較して選択するべき。
自車自車を利用して自分で引越しをする方法。レンタカー料金を節約できるので割安。荷物や建物の破損などに対する補償を受けられない点に注意。

それぞれの特徴は以上の通りです。

ではこの中で一番主流な手段である、引越し業者を利用するメリットを紹介します。

2.引越し業者のメリット

引越し業者を利用するメリットして次の点などが挙げられます。

3つのメリット

  1. 作業品質が高い
  2. 補償が充実している
  3. ニーズに合わせた様々なプランが用意されている

ではそれぞれをみていきましょう。

引越し業社のメリット1:作業品質が高い

引越し作業の品質は、紹介した4つの方法で最も高いといえます。

経験豊富なスタッフや研修施設で技術を磨いたスタッフなどが引越し作業を行ってくれるからです。作業の特徴は、安全かつスピーディ。荷物や建物を傷つけることなく素早く搬出入してくれます。

荷物や建物の損傷を防ぎたい、手間をかけずに引越しを済ませたい方などに最適です。

引越し業社のメリット2:補償が充実している

引越し業者のスタッフは、細心の注意を払って荷物の搬出入・運搬・セッティングを行います。

それでも、全てのトラブルを防げるわけではありません。

荷物のき損や紛失などが生じたときは、引越し業者が荷造りや受け取り・引き渡し・運送などに注意を怠らなかったことを証明できない限り、引越し業者が賠償責任を負い速やかに賠償します。

万が一のトラブルに備え、ほとんどの引越し業者は運送中に生じた荷物の紛失や破損などによる賠償責任を補償する運送業者貨物賠償責任保険に加入しています。

補償が充実しているので、安心して引越し作業を任せられる点も引越し業者を利用するメリットです。

引越し業社のメリット3:ニーズに合わせた様々なプランが用意されている

各引越し業者は、顧客のニーズに合わせた様々なプランを用意しています。

例えば、荷造りから荷解きまで代行してくれるプラン、女性のプライバシーに配慮したプラン、一人暮らしの引越しに最適な割安プランなどを用意しています。

条件、引越し業者によっては、他の引越し方法よりも割安で便利に引越しできることがあります。

以上などが、引越し業者を利用するメリットです。続いて、押さえておきたいデメリットを紹介します。

3.引越し業者のデメリット

引越し業者を利用するデメリットとして、次の点などが挙げられます。

3つのデメリット

  1. 引越し料金が割高
  2. 予約をとりづらい時期がある
  3. 作業品質にばらつきがある

ではそれぞれの詳細をみていきましょう。

引越し業社のデメリット1:引越し料金が割高

紹介した4つの引越し手段の中で料金は最も高くなりやすいといわれています。

ただし、手間をかけずに引越しできるうえ補償も充実しているのでコスパが悪いとは言い切れません。

手間をかけずに引越ししたい方や安全に引越ししたい方などにとっては、最もコスパが高い引越し手段になり得ます。料金だけでなく内容も比較することが重要です。

引越し業社のデメリット2:予約をとりづらい時期がある

レンタカーや自車で引越しする方法に比べるとスケジュールの融通は効きにくいといえます。

予約を取らなければならないからです。

予約のとりやすさは、時期や曜日、時間帯等により異なります。一般的に、新生活が始まる3月・4月前後、土日祝日、午前中は予約をとりづらいとされています。また、人気が高いので引越し料金も高くなります。

条件によっては希望する日時に引越しを行えない点も引越し業者を利用するデメリットです。気になる方は、早めに予約を取ると良いでしょう。

引越し業社のデメリット3:作業品質にばらつきがある

基本的に、作業品質は高いといえますが、全ての引越し業者が同じような作業を行えるわけではありません。

教育体制や作業体制などにばらつきがあるからです。引越し業者あるいはスタッフにアタリ・ハズレがある点は、引越し業者を利用するデメリットといえます。

この点が気になる方は、訪問見積もり時にスタッフの質を確認する、口コミで評判を確認するなどを意識するとよいかもしれません。

以上、引越し業者を利用するメリット・デメリットなどを解説しました。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ同時に下記のような悩みを持っている人も ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

-引越し業者

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.