コラム

引越し時のインターネット手続きってどうするの?トラブルにならないための対処法

投稿日:

引越しを予定しているがインターネットに関して下記のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

引越しの際にインターネットの手続きは必要不可欠です。

固定回線の場合は利用できなくなるため注意しましょう。

こちらの記事ではあなたがそのような後悔をしないよう、引越し時のインターネットの手続き方法をインターネットの種類ごとにお伝え致しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.4つに分かれるインターネットの引越し手続き

引越し時に忘れずに行いたいのが、インターネットの引越しでの手続きです。

必要な手続きは、新居でどのようにインターネットを利用するかで異なります。

具体的には、以下のケースなどが想定できます。

4つのケース

  1. インターネット回線・プロバイダを継続して使う
  2. インターネット回線・プロバイダを解約する
  3. インターネット回線・プロバイダを新規契約する
  4. (ポケット)Wi-Fiを使う

それぞれどのような手続きが必要なのでしょうか。

注意点とあわせて解説します。

2.インターネット回線・プロバイダを継続して使う

現在、使用している「インターネット回線・プロバイダ」を新居でも引き続き利用したい方は、旧居の回線停止と新居の回線開通のための手続きが必要になります。

具体的な手続きは、回線会社やプロバイダなどにより異なります。基本的な、手続きの進め方は以下の通りです。

手続き方法

手続き方法

  1. お客様ID・契約内容などを記載した書類・新居の住所・工事希望日などを準備する。
  2. 電話あるいはホームページから、契約している会社へ新住所を伝える。
  3. 指示に従い手続きを進める。

以上が、大まかな手続きの進め方です。

注意点

手続きを進めるにあたり、以下の点に注意が必要です。

4つの注意点

  1. 新居でも利用できることを確認
  2. 移転費用を確認
  3. 利用できる期間を確認
  4. 1カ月前までに手続きを開始する

ではそれぞれの注意点をみていきましょう。

新居でも利用できることを確認

旧居で使用していたインターネット回線・プロバイダを新居で利用できないことがあります。

継続利用したい方は、契約会社に問い合わせて新住所でも利用できることを確認しましょう。

次のケースなどでは、新居で利用できない恐れがあります。

メモ

  • 新居で利用できるインターネット回線・プロバイダが決められている。
  • 新住所にインターネット回線・プロバイダが対応していない。

後者は、工事を行うことで利用できることがあります。

工事には、大家さんなどの許可が必要です。サービス提供地域から外れている場合は継続利用できません。

移転費用を確認

移転に費用は掛からないと思われがちですが、ほとんどの場合で移転工事費や移転手数料などがかかります。

思わぬ出費になることがあるので、引越し手続きを進める方は費用について確認しておきましょう。

利用できる期間を確認

インターネットを利用できる期間はケースにより異なります。

気になる方は、「旧居でいつまで利用できるか」「新居でいつから利用できるか」を確認しておく必要があります。

1カ月前までに手続きを開始する

開通工事が必要になるケースでは、手続き完了に時間がかかります。

新居ですぐにインターネットを利用したい方は、早目に引越し手続きを済ませましょう。

特に、引越が多い3月・4月頃は混み合います。1カ月前までに、手続きを始めておくことをオススメします。


以上が、インターネット回線・プロバイダを継続して使う場合の手続きと注意点です。

続いて、インターネット回線・プロバイダを解約する場合の手続きと注意点を解説します。

3.インターネット回線・プロバイダを解約する

インターネット回線・プロバイダを解約する手続きは以下の通りです。

手続き方法

メモ

  1. お客様IDや契約内容が記載されている書類を準備する。
  2. 電話あるいはホームページから、契約している会社へ解約することを伝える。
  3. 指示に従い手続きを進める。

具体的な、手続きの進め方は契約している会社で異なります。詳しくは、お客様窓口などでご確認ください。

注意点

解約手続きを進める方は、以下の3点に注意が必要です。

3つの注意点

  1. 違約金の有無
  2. メールアドレスと電話番号
  3. レンタル機器の返却

ではそれぞれの詳細をみていきましょう。

違約金の有無

契約期間内の解約となる場合などでは、違約金が発生します(インターネット回線とプロバイダで)。解約を検討している方は、お客様窓口などで違約金の有無について確認しましょう。

工事費を分割払いしている方は、残額と残額の支払い方についても確認が必要です。

メールアドレスと電話番号

インターネット回線・プロバイダを解約すると、メールアドレス・電話番号は利用できなくなります。

仕事で利用している方などは注意しましょう。

レンタル機器の返却

モデムやルーターなどをレンタルしている方は返却が必要です。


以上、インターネット回線・プロバイダを解約するときに必要な手続きと注意点を解説しました。続いて、新規契約の手続きと注意点を解説します。

4.インターネット回線・プロバイダを新規契約する

インターネット回線・プロバイダを新規契約する手続きは次の通りです。

手続き方法

メモ

  1. 契約したいインターネット回線・プロバイダを探す。
  2. サービス提供エリアを確認する。
  3. 身分証など必要書類を用意して申し込み手続きを完了させる。
  4. 開通工事後、利用開始。

具体的な、手続きは契約会社などにより異なります。詳しくは、お客様窓口などでご確認ください。

注意点

インターネット回線・プロバイダを新規契約する方は以下の4点に注意しましょう。

4つの注意点

  1. 回線速度・料金などをチェック
  2. 特典をチェック
  3. 契約期間と違約金
  4. 1カ月前までに契約手続きを始める

ではそれぞれの注意点をみていきましょう。

回線速度・料金などをチェック

回線速度や月額料金などは、契約会社・利用するサービスなどで異なります。利用状況を考えて、最適な選択をすることが重要です。

特典をチェック

契約会社によっては、新規契約者を対象にキャッシュバックなどの特典を用意しているところがあります。お得な特典を利用できることがあるので、新規契約を結ぶ方は必ずチェックしましょう。

契約期間と違約金

特典や割引を受けるには、2年契約などが必要になることがあります。多くの場合、期間内の解約で違約金が発生します。特典や割引を受ける方は、契約期間と違約金の有無などに注意が必要です。

1カ月前までに契約手続きを始める

申し込みから開通工事が完了するまで2~3週間程度かかることが一般的です。時期によっては1カ月以上かかることもあります。引越し後すぐにインターネットを利用したい方は、引越し1カ月前までに申し込みを済ませましょう。


以上、インターネット回線・プロバイダを新規契約する手続きと注意点を解説しました。続いて、(ポケット)Wi-Fiを使う場合の手続きと注意点を解説します。

5.(ポケット)Wi-Fiを使う

旧居で使っていた(ポケット)Wi-Fiを新居でそのまま使いたい方は、次の手続きが必要になります。

手続き方法

メモ

  1. 電話あるいはホームページから、契約している会社へ住所が変更することを伝える。
  2. 指示に従い必要な手続きを進める。

具体的な手続きは、契約会社により異なります。詳しくは、お客様窓口などでご確認にください。

注意点

(ポケット)Wi-Fiを利用したい方は、「サービス提供エリア」に注意しましょう。

住所変更手続きを済ませる前に、新居でも利用できることを確認します。

サービス提供エリア外になることがあるからです。該当する場合は、別会社の利用を検討します。

以上、引越で必要になるインターネット手続きを解説しました。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、日本人の3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ同時に下記のような悩みを持って ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

-コラム

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.