コラム

冷蔵庫のみの引越しってどう?気になる費用とオススメの方法

投稿日:

引越しをする際に冷蔵庫のみの引越しを考えるかたもいらっしゃると思います。

そんな時に下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

冷蔵庫のみを引越しする手段はたくさん存在し、中には費用が高くついてしまうものもございます。

是非気をつけてください。

こちらの記事ではあなたが冷蔵庫を引越しする際に後悔しないように下記をお伝えしますので是非とも参考にしてみてください。

1.冷蔵庫のみを引越しする理由と方法

こちらではなぜ冷蔵庫のみを引越しすることがよいのか?またどのような業者に頼めばいいのかを説明いたします。

冷蔵庫のみを引越しするメリット

最近では冷蔵庫や洗濯機といった特定の家電だけを単体で運んでくれるサービスがあり、引越しさせたい冷蔵庫の大きさにもよりますが、比較的安い料金で済むことが多いです。

そんな冷蔵庫のみの引越しですが、下記のようにメリットをまとめることができます。

3つのメリット

  1. 料金が安く済む
  2. 新しい家電を探す手間が省ける
  3. 短時間で作業が終わる

なんといっても料金が安いというのは嬉しいところです。

また、業者によっては即日対応をしてくれるところもあるので、急いでいる方も利用しやすいです。

ではどの業者に依頼をすればいいのかみていきましょう。

冷蔵庫の引越しを業者に依頼する際の選択肢

冷蔵庫のみの引越しを行う場合には下記6つの選択肢がございます。

冷蔵庫のみ引越しする際の選択肢

  1. 運送業者に依頼する
  2. 引越し業者に依頼する
  3. 家電量販店に依頼する
  4. 軽トラック業者に依頼する
  5. 便利屋に依頼する
  6. 自分で運ぶ

ではそれぞれをみていきましょう。

方法1:運送業者に依頼する

運送業者によっては、家財道具のみの引越しを行っているところがあります。

一人暮らし向けの小さめの冷蔵庫などであればかなり安い金額で運んでもらえることがほとんどです。

方法2:引越し業者に依頼する

引越し業者にお願いすることの一番のメリットは冷蔵庫の扱い方を熟知しているため家の中に傷をつけてしまうなどのトラブルが起こりにくいというところです。

料金に関してはトラックで冷蔵庫を自宅まで運ぶ作業や冷蔵庫を家の中に運ぶ作業などすべての作業を含めた料金設定がされていることがほとんどです。

方法3:家電販売店に依頼する

冷蔵庫を買ったお店に運んでもらう場合、格安で行ってくれるところが多いです。

また、冷蔵庫を運ぶだけでなく設置も一緒に行ってくれるところも多いためとても便利です。

方法4:軽トラック業者に依頼する

軽トラック業者は個人経営のところが多いため、料金の融通がきくところが多いです。

小さめの冷蔵庫であれば、安い金額で運んでもらえる場合があります。

方法5:便利屋に依頼する

ペットの世話やお年寄りの介護といった引越し以外のさまざまな作業を行っている便利屋は、少々無理な対応にも柔軟に対応してくれることが多いです。

また、引越し業者と違い3月4月の繁忙期に料金が高くなったり、予約がいっぱいで対応してもらえないということがほぼないため便利です。

方法6:自分で運ぶ

トラックを持っている場合であれば、コストはかなり抑えられます。

しかし、冷蔵庫を一人で運ぶことはとても難しく、最低でも2人以上で運ばなければならないことがほとんどであるため助っ人を呼ぶ必要があります。

また、トラックを持っていない場合にはレンタル料なども発生します。


こちらでは冷蔵庫のみ引越しをする際の特徴と、選択肢をお伝えしてきました。

では続いて把握すべき注意点をお伝えしていきます。

2.冷蔵庫のみを引越しさせるときの注意点

冷蔵庫だけをスムーズに引越しさせることができれば料金が安くなることがほとんどですが、場合によっては高額になってしまう可能性があります。

下記の2点には注意をするようにしましょう。

2つの注意点

  1. 業者が手配してくれる人数の確認
  2. クレーン車の利用の是非

ではそれぞれの詳細をみていきましょう。

注意点1:業者が手配してくれる人数を事前に確認する

作業人数が多ければ多いほど料金は高くなります。

自分が手伝えばそのぶんスタッフを一人減らすことができるため、引越し前に業者と人数調整をしておきましょう。

注意点2:場合によってはクレーンを使うこともある

家族用などの大きい冷蔵庫の場合、エレベーターに入らない可能性があります。

その場合にはクレーンを使って窓から搬入させる必要があるため、料金も高額になります。

クレーンや手吊りをする場合には、あくまでも目安ですが1万8000円~3万円程度かかります。

引越し先がマンションなどでエレベーターを使う必要がある場合には、事前に運べるかどうか確認をしておきましょう。


ここまでの内容で、なぜ冷蔵庫のみの引越しのメリット、手段、注意点をお伝えしてきました。

それでは最後になりますがみなさん気になる費用の相場を手段ごとに見ていきましょう。

3.冷蔵庫のみの引っ越しの料金の相場は?

料金は依頼する業者によって大きく変わります。

ただし、これから紹介する料金はあくまでも目安なので、実際にお願いする前に業者に確認しておきましょう。

こちらでは冒頭でお伝えした下記の6つの選択肢に沿って費用の相場をみていきます。

冷蔵庫のみ引越しする際の選択肢

  1. 運送業者に依頼する
  2. 引越し業者に依頼する
  3. 家電量販店に依頼する
  4. 軽トラック業者に依頼する
  5. 便利屋に依頼する
  6. 自分で運ぶ

ではそれぞれの費用の相場をみていきましょう。

方法1:運送業者の場合

運送会社の家財宅急便を利用する場合、冷蔵庫の大きさによって料金が異なります。

メモ

  • 140リットルほどの小さめの冷蔵庫…7000円~9000円前後
  • 350リットルほどの中くらいの冷蔵庫…10000円~13000円前後
  • 500リットル以上の大きい冷蔵庫…16000円~20000円前後

となります。また引越し先が同じ市内であるなど運ぶ距離が短い場合には、料金が安く済むことがほとんどです。

方法2:引越し業者の場合

こちらも運ぶ冷蔵庫の大きさや距離によって料金が変わります。

相場は、一人暮らし用などの小さめの冷蔵庫であれば8000円前後、家族用などの大きめの冷蔵庫の場合は2万円前後です。

また、取り付けや取り外しも一緒に行ってくれる引越し業者もあるので、どこまでやってもらえるのか事前に確認しておくと良いでしょう。

方法3:家電販売店の場合

冷蔵庫を買ったお店に運んでもらう場合、5000円~10000円程度が相場です。

ただし、購入したお店が個人経営である場合には、作業員をあまり確保できない場合もあるため、自分も一緒に作業をしなければならないことがあります。

方法4:軽トラック業者の場合

軽トラック業者に頼んだ場合、13000円~15000円前後が相場です。

ただし、決められた作業時間をオーバーしたり、移動距離が長くなると追加料金が発生することがあるので注意が必要です。

方法5:便利屋の場合

便利屋の場合、作業にかかる時間が長くなればなるほど料金が高くなります。

スタッフ2名に1時間作業をしてもらった場合

  • スタッフ1名の1時間あたりの料金…約3000円×2で6000円
  • 軽トラックレンタル料…約5000円
  • 出張料…約4000円
  • カベや冷蔵庫を保護するための養生料…約3000円

など合計で18000円程度かかります。

ただし冷蔵庫を設置してもらう場合には別に料金が発生するため、事前にやってほしいことを便利屋に伝え、料金をある程度ハッキリさせておいたほうが良いでしょう。

方法6:自分で運んだ場合

自分で運ぶと安く済むのでは?と思う方も多いですが、意外なところにお金がかかります。

レンタカー代やガソリン代は当然発生しますし、家族や友人に手伝ってもらった場合にはお礼としてご飯をご馳走したりするとその分お金もかかります。

そのため、13000円~20000円前後が相場といえるでしょう。手間もかかるため、トラックを持っているなどよほどのことがない限り、業者にお願いした方が楽かもしれません。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらの記事を通じて、あなたが冷蔵庫の引越しを行う場合に詳しくなって頂けましたら幸いです。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

引越し費用が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 利用を検討してみたいけど、下記のようなお悩みも多いのではないでしょうか。 こちらでは、大手引越業者に9年勤めていた筆者が、時点で確 ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする引越し侍。独特なCMやラジオで有名なサービスです。 引越し費用を安くできる「引越し一括見積もりサービス」を展開し、累計実績2,600万件の業界シェアダントツ1位を誇 ...

-コラム

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.