コラム

レンタカーでの引越しってどう?メリット・デメリットと具体的な方法

投稿日:

費用を気にしレンタカーを借りて引越しを行おうと思う方も多いです。

ただ同時に下記のような疑問もお持ちだと思います。

確かにレンタカーを利用すれば引越し費用を抑えられます。

ただ同時に大きなデメリットも存在します。

こちらの記事ではあなたが後悔しないように、レンタカーで引越しを行う場合のメリット・デメリット、そして具体的な方法をお伝えします。

是非参考にしてみてくださいませ。

1.レンタカーで引越しする際のメリット

レンタカーを借りて引越しするメリットとして、次の3点が挙げられます。

3つのメリット

  1. 引越し費用を節約できる
  2. 好きな日時に引越しできる
  3. プライバシーを守れる

ではそれぞれみてみましょう。

メリット1:引越し費用を節約できる

引越し業者に依頼する場合より、安く済むことが多いといわれています。引越し作業スタッフの人件費などがかからないからです。特に、近距離で荷物の少ない引越しは、安くなることが多いようです。

メリット2:好きな日時に引越しできる

引越し業者の空き状況に合わせなくてよいので、好きな日時に引越しできます。引越し業者の繁忙期といわれる、3月・4月であっても自由に引越しできる点はメリットです。

メリット3:プライバシーを守れる

引越し業者に依頼すると作業スタッフが荷物の搬出入を行うので、住んでいる人や部屋の間取りなどを知られてしまいます。レンタカーを借りて自分で引越しすればプライバシーを守れます。

レンタカーを借りて行う引越しのメリットを紹介しました。続いて、デメリットを紹介します。

2.レンタカーで引越しする際のデメリット

レンタカーを借りて行う引越しのデメリットは以下の通りです。

3つのデメリット

  1. 引越し作業を自分で行わなければならない
  2. 梱包資材などを自分で用意しなければならない
  3. 引越しの内容によっては節約できないことがある

ではそれぞれの詳細をみてみましょう。

デメリット1:引越し作業を自分で行わなければならない

最も大きなデメリットは、自分で引越し作業を行わなければならないことです。大型の荷物があると、かなりの重労働になります。一人で対処しきれないと感じる方は、家族や友人に手伝ってもらうとよいでしょう。

デメリット2:梱包資材などを自分で用意しなければならない

多くの引越し業者は、無料でガムテープやダンボールなどの梱包資材を用意してくれます。レンタカーを借りて引越しする場合は、これらを自分で用意しなければなりません。一般的な引越しで必要になるダンボールの個数は次の通りです。

メモ

  • 1人暮らし・・・10-20個
  • 3-4人暮らし・・・30個〜

梱包資材はホームセンターなどで購入できます。

ダンボールの価格は、Mサイズ10箱で1,500円程度です。費用を抑えたい方は、スーパーやドラッグストアなどでダンボールをもらえます。使用済みなので、汚れと強度には注意が必要です。

デメリット3:引越しの内容によっては節約できないことがある

安く済むと思われがちなレンタカーの引越しですが、引越し業者に依頼する場合とそれほどかわらないこと、あるいは高くなることがあります。

引越し業者の中には、特定の条件を満たす引越しに対してお得なプランを用意しているところがあるからです。

例えば、ヤマトホームコンビニエンスは、荷物の少ない単身者の引越し向けに「単身引越しサービス」を用意しています。

関東エリアで同一市内の引越しであれば12,000円~利用できます。このようなプランもあるので、引越し料金を比較することが重要です。


以上、レンタカーを借りて行う引越しのメリット・デメリットを紹介しました。

やはり費用が安く、プライバシーも気にせず自由におこなえるという大きなメリットはございますが、作業をすべて自分で行わなければいけません。

しかも梱包資材などを購入しなければいかず、場合によっては引越業者に依頼するよりも高くつく場合もございますので注意してください。

そんあレンタカーで引越しをする場合の具体的な方法を紹介します。

3.レンタカーで引越しをする方法

レンタカーを借りて行う引越しは、レンタカーを借りる作業と引越し作業に分かれます。それぞれのポイントは次の通りです。

レンタカーを借りる作業

レンタカーのサイズは、引越しの規模にあわせて選ぶことがとても重要です。

引越しの規模 レンタカーのサイズ
荷物の少ない1人暮らし  軽トラックなど
1人暮らし ワンボックスバンなど 
家族で行う引越し 2tトラックなど

上記でご自身が借りるレンタカーの大きさが把握できたと思います。ではそれぞれのレンタカーの特徴をご説明します。

軽トラック(ピクシストラックスタンダードを参考)

荷室寸法(長さ×幅×高さ)

  • 1940mm×1410mm×285mm

積載量目安

  • 冷蔵庫(小)×1
  • 洗濯機×1
  • 薄型テレビ(20インチ)×1
  • 電子レンジ×1
  • 布団×1
  • ダンボール×10

料金

  • トヨタレンタカー:6,480円/12時間
  • ニッポンレンタカー:6,480円/12時間
  • 日産レンタカー:7,128円/12時間

ワンボックス(キャラバンを参考)

荷室寸法(長さ×幅×高さ)

  • 12,385mm×1,545mm×1,350mm

積載量目安

  • 冷蔵庫(小)×1
  • 洗濯機×1
  • 薄型テレビ(20インチ)×1
  • 小型テレビボード×1
  • 電子レンジ×1
  • シングルベッド×1
  • 布団×1
  • ダンボール×10
  • デスクトップパソコン×1

料金

  • トヨタレンタカー:13,500円/12時間
  • ニッポンレンタカー:13,500円/12時間
  • 日産レンタカー:13,500円/12時間

2tトラック(ダイナ・トヨエース、アルミバンを参考)

荷室寸法(長さ×幅×高さ)

  • 3,085mm×1,780mm×2,100mm

積載量目安

  • 冷蔵庫(大)×1
  • 洗濯機×1
  • 薄型テレビ(37インチ)×1
  • 電子レンジ×1
  • エアコン×1
  • 整理ダンス×1
  • 洋服ダンス×1
  • 3人掛けソファー×1
  • ダイニングテーブル×1
  • ダイニングチェア×4
  • 布団×1
  • ダンボール×20
  • デスクトップパソコン×1
  • ダブルベット

料金

  • トヨタレンタカー:16,200円 /12時間
  • ニッポンレンタカー:15,660円 /12時間
  • 日産レンタカー(2tロングアルミ):18,576円/12時間

実際にあなたの荷物からレンタカーの大きさをイメージして借りるようにしましょう。

大きさを間違えると費用を多く払い過ぎてしまったり、小さ過ぎてなんども往復せざるを得ない場合もあります。

では続いて荷造りの作業にしてお伝えします。

荷造りの作業

荷造りは以下の手順で進めます。

手順

  1. 梱包資材(ガムテープ・ダンボール・軍手・マジックペン・紐・緩衝材など)を準備
  2. シーズンオフの家電や洋服など使わないものから箱詰め
  3. マジックペンでダンボールに中身を記載
  4. 家電の配線をスマホで撮影
  5. 家電のコード類は後で分かるように目印をつける
  6. 引越し前日に洗濯機・冷蔵庫の水抜きを行う
  7. 引越し前日に日用品(着替え・洗面道具・食器など)を箱詰めする

上記手順で進めれば問題ございません。ただ下記ポイントを意識して行うとより引越し作業がスムーズになるでしょう。

ポイント

  • 重い荷物は小さなダンボールに詰める
  • 壊れやすいものはわかるようにしておく
  • 台車・養生テープ・ドアストッパーなどを用意する
  • レンタカーは荷物の高さや幅に注意して選ぶ
  • 大きな荷物からレンタカーに積み込む
  • 冷蔵庫は立てたまま運ぶ

この荷造りの作業に関して、下記の記事にてより詳細を記載しております。

是非ご参考にしてみてくださいませ。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

引越し費用が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 利用を検討してみたいけど、下記のようなお悩みも多いのではないでしょうか。 こちらでは、大手引越業者に9年勤めていた筆者が、時点で確 ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする引越し侍。独特なCMやラジオで有名なサービスです。 引越し費用を安くできる「引越し一括見積もりサービス」を展開し、累計実績2,600万件の業界シェアダントツ1位を誇 ...

-コラム

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.