引越し業者

見積もり料金が半額に!「クロネコヤマト引越センター」の正しい見積もり依頼の方法

更新日:

【この記事は約4分で読めます】

引越しの準備を進めていて、クロネコヤマト引越センターを候補の一つにしている方も多いと思います。

ただ、クロネコヤマト引越センターの見積もりに関して下記のようなお悩みもお持ちの方も多いのではないでしょうか。

クロネコヤマト引越センターは歴史がとても古く、社内研修が大変整っており、その理由か顧客満足度で全国5位(オリコンランキング)に選ばれるオススメできる引越業者です。

しかしながら、見積もり方法を間違え、知らず知らずのうちに高い費用を支払い、後にものすごく後悔している人も多いのも現状です。

ただ、逆に捉えると見積もり方法され正しく行えば、下記のように引越し費用を安くできます。

見積もりの時もしつこくなく、値引きをしていただき、約半額で表示していただきました。

いろいろと気づかっていただいて、アドバイスももらえました。

参照:みん評 40代女性

こちらの記事では、あなたが安くクロネコヤマト引越センターを使っていただけれるよう、正しい見積もり依頼の方法と共に、見積もりの手順や訪問見積もりスタッフの評判、平均見積もり料金などをお伝えします。

記事を読み終わる頃には、クロネコヤマト引越センターの見積もりに関する全てがわかり、また、見積もり料金を半額ほどにできることをお約束します。是非参考にしてみてください。

1.クロネコヤマト引越センターの正しい見積もり依頼方法

まず初めに、一番大切な正しい見積もりの依頼方法からお伝えできればと思います。

冒頭でもお伝えしましたが、方法を間違えるだけで、知らずのうちにとても高い費用を支払うことになってしまうのでしっかりみていきましょう。

クロネコヤマト引越センターの3つの見積もり依頼方法

クロネコヤマト引越センターには大きく分けて下記3つの見積もり依頼方法がございます。

3つの見積もり依頼方法

  1. クロネコヤマト引越センターに電話で依頼
  2. クロネコヤマト引越センターにネットで依頼
  3. 一括見積もりにネットで依頼

いきなり結論を言いますが、正しい方法としては「3.一括見積もりにネットで依頼」になります。

間違っても、1や2のようにクロネコヤマト引越センターに直接見積もり依頼することだけはやめておきましょう。

費用が2倍近くなる場合がほとんどです。

「なぜ直接依頼してはいけないのか?」と疑問をお持ちになる方も多いと思いますので、下記に説明していきます。

クロネコヤマト引越センターに見積もり依頼を直接してはいけない理由

あなたもお困りかも知れませんが、クロネコヤマト引越センターのホームページ上には価格表がありません。

引越し業界のことを知らなかった筆者も、当初「まずは費用を知りたいのに。。。」と困惑しておりました。

なぜホームページに価格表がないのか?その理由は引越業界における、料金の決め方に原因があります。

実は、引越し料金は引越業者の見積もりに対してあなたが同意さえすれば決まります。

簡単に言うと、引越し料金には相場という概念は一切ありません。

絶えず利用者との交渉があり、その都度料金も変動していくので、どの引越業者も料金を掲載することができないのです。

つまり、あなたが良い交渉ができれば引越し費用は安くなるし、逆にできなければ高くなってしまいます。

いかに良い交渉ができるかが重要になります。

良い交渉には他の業者の安い見積もりが必要不可欠

交渉で費用が決まる引越し料金ですが、交渉材料として一番有効なのが「他の業者の安い見積もり」になります。

直接クロネコヤマト引越センターに見積もり依頼をすると、交渉材料としての他の競合の安い見積もりが手に入りません。

これが冒頭でお伝えした「クロネコヤマト引越センターに直接見積もり依頼をしてはいけない」理由になります。

では、どのように他の業者の安い見積もりを手に入れられるのでしょうか?

2018年8月時点で唯一のサービスと言えるのが「一括見積もり」になります。

無料で、複数の引越し業者の見積もりを一度に依頼できるサービスで、3分もかからず依頼することができ、今までに累計3,000万人以上、日本人の4人の1人が利用したことがあるサービスになります。

下記の口コミのように複数の引越し業者の見積もりを手に入れることができます。

実際に下記のように他の引越業者の見積もりを使って、見積もり料金を下げている口コミは多く見られます。

クロネコヤマトの訪問見積もりで最初高いとおもったが、後で他の引越し屋さんの見積もりを元に電話交渉したら値段を下げてくれた。

参照:みん評 20代男性

どの引越し業者も費用の交渉はしてくれますが、特に大手のクロネコヤマト引越センターはお金の体力がある分、費用も他の引越し業者よりも安くなる場合が多いです。


 

ここまでのご説明で、

直接クロネコヤマト引越センターに見積もり依頼をするのではなく、「一括見積もり」で安い他社の見積もりを手に入れた後に、料金の交渉すれば、費用がとても安くなることがわかりました。

ここで「どの一括見積もりを使えばいいの?」「一括見積もりの使い方がわからない」との疑問をお持ちの方もいるでしょう。

続いてはオススメの一括見積もりサービスとその使い方をご紹介します。

実績も特典も豊富な引越し侍がオススメ

引越し一括見積もりサービスにも下記のように複数のサービスがございます。

+ クリック:一括見積もりサービス一覧

サービス名設立年累計実績数引越し業者数提携数
引越し侍2006年2,590万件268社
ズバット2003年400万件225社
Lifull2015年非公開130社
Suumo2012年非公開45社
価格.com2011年非公開80社
引越し価格ガイド2006年2,130万件250社
引越し達人2014年非公開67社
引越しネット2004年80万件39社

その中でも、下記の特徴のある引越し侍を利用しておけば間違いございません。

参照:引越し侍

  • 特徴1:実績2,590万件、提携引越し業者268社と業界断トツ1位
  • 特徴2:引越し業者の口コミ数22,000件と最多級
  • 特徴3:抽選キャッシュバック10万円やクオカード、Dysonの掃除機など豊富な特典
  • https://hikkoshizamurai.jp

引越し侍の詳細をご確認されたい方はこちらの記事も参考にしてください。

【知らなければ危険】150人の口コミと評判でわかった「引越し侍」の正体

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

続きを見る

では続いてあなたが実際に引越し侍を利用する際に困らないように、サービスの流れを紹介します。

引越し侍の利用時の流れ

流れは大きく下記6つになり、時間は3分もかかりません。

6つの流れ

  1. 引越しの概要情報を洗濯
  2. 現在と引越し先住所の記載
  3. お客様情報を記載
  4. 荷物の詳細を選ぶ
  5. 内容を確認&見積りを依頼する
  6. 選定後、電話がかからない手続きをする

ではそれぞれを見ていきましょう。

流れ1:引越しの概要を選択

参照:引越し侍

まずは引越し侍にアクセスし、上記画像の赤線で囲まれている下記3つの情報を選択し、「見積もりスタート」の矢印をクリックします。

  1. 現住所の郵便番号
  2. 引越し先の都道府県
  3. 引越しタイプ

流れ2:現在と引越し先住所の記載

参照:引越し侍

続いて現在の住所と引越し先の住所を記載します。"必須"と記載ある項目は必ず埋めなければいけません。記載後「STEP2 引越し希望日の入力へ進む」をクリックします。

流れ3:お客様情報の記載

参照:引越し侍

引越しご希望日と下記のお客様情報を記載します。"必須"と記載ある項目は必ず埋めなければいけません。記載後「STEP3 家財情報の入力へ進む」をクリックします。

  • お名前
  • 電話番号
  • メールアドレス

流れ4:荷物情報の記載

参照:引越し侍

こちらのページでは引越しする際の荷物のアイテムと個数を選びます。こちらの選択によってどのくらいの大きさのトラックになるか決まるためなるべく詳細まで選択しましょう。選択後「入力した内容を確認する」をクリックします。

流れ5:内容を確認&見積りを依頼する

参照:引越し侍

最後の確認ページで記載内容を確認し、見積りを依頼します。確認後「同意して一括見積りを依頼する」をクリックします。

流れ6:選定後、電話がかからない手続きをする

流れ6で見積り依頼が完了した後、引越し業者から電話かメールで連絡が入ります。ほとんどの人の場合30分か1時間ほどで最安値の引越し業者が選べますので、選定が完了したあとは引越し業者から連絡が入らない手続きを行いましょう。

参照:引越し侍

上記にある通り、こちらのページから"お問い合わせ内容"箇所の「引越し会社が決定したため」に選択を入れて申請を行えば、引越し業者からの連絡はなくなりますので、全ての流れが完了になります。

参照:引越し侍


 

いかがでしたでしょうか?

まずは一番大切なポイントである「クロネコヤマト引越センターの正しい見積もり依頼の方法」をご紹介しました。

内容が長くなってしまったので簡単にまとめさせて頂きます。

引越し料金がとても高くなるため、直接クロネコヤマト引越センターに見積もりの依頼を行ってはいけません。

まずは一括見積もりサービスを使って、他の引越業者の安い見積もりを手にいれ、その後安い見積もりをもとに、クロネコヤマト引越センターと料金交渉を行うようにしましょう。

また、一括見積もりサービスでは、実績も特典も豊富な引越し侍を利用しておけば間違いありません。

では続いて、見積もり依頼の後に、スタッフがあなたの家に訪問して見積もりを行う際の流れをご説明します。

2.クロネコヤマト引越センターの訪問見積もりの流れ

クロネコヤマト引越センターの訪問見積もりの流れは下記7になります。

訪問見積もりの7の流れ

  1. 引越しの際の荷物を伝える
  2. 会社(クロネコヤマト引越センター)や保険の説明を聞く
  3. 見積もりが提示される
  4. 見積もり費用の交渉を行う
  5. 最終の見積書が完成する
  6. (その場で契約する場合)契約書(確認書)にサインする※その場で契約する場合
  7. (その場で契約する場合)段ボールなどの梱包資材や引越しガイドを受け取る

ではそれぞれの流れを見ていきましょう。

流れ1:引越しの際の荷物を伝える

大きな荷物から順に伝えていきましょう。

例えば、ベットや冷蔵庫、洗濯機や棚などです。

またその際にダンボールは何個くらい必要かも聞かれますので、大まかな数でいいので答えられるようにしておきましょう。

流れ2:会社(クロネコヤマト引越センター)や保険の説明を聞く

クロネコヤマト引越センターの会社に関わることと、引越し保険に関わる説明が行われます。

特に引越し保険に関しては引越し作業の際にできた傷や故障など、保障範囲がどれほどなのかトラブルにならないようにしっかり確認しておきましょう。

流れ3:見積もりが提示される

会社と保険の説明が終わりましたら、見積もりが提示されます。

最初の費用は高めに提示されますので、驚く方も多いと思います。

流れ4:交渉を行う

提示された見積もりに対して費用の交渉を行いましょう。

間違っても最初の見積もりの料金で同意してしまうのはやめましょう。

この交渉の際に、他の引越業者の安い見積もりがあれば、費用が必ず安くなります。

流れ5:最終の見積書が完成する

交渉が終わったら、最終の見積書をスタッフさんが作成してくれます。

流れ6:(その場で契約する場合)契約書(確認書)にサインする

仮に最終の見積書であなたが同意しても良いなら、その場で契約書にサインすることになります。

契約書にサイン後はキャンセルも行えなくなるので注意が必要です。

流れ7:(その場で契約する場合)ダンボールや引越しのガイドをもらう

契約書にサインが終わったら、引越準備に必要なダンボールや手順が記載されているガイドがもらえます。

ガイドに関してはこと細やかに記載されているので是非参考にしましよう。


 

こちらではクロネコヤマト引越センターの訪問見積もりの流れを紹介しました。

大きく7つの流れになっており、交渉時間によりますが、大体30分-1時間ほどで終わると思っておけば問題ありません。

上記のような流れで行われる訪問見積もりですが、スタッフの評判も気になりますよね?

実際に利用した人の生の口コミを参考にみていきましょう。

3.クロネコヤマト引越センターの訪問見積もりの評判・口コミ

ホームページで紹介されている口コミや感想は、良いもの厳選して紹介している可能性があるので参考にしておりません。

こちらの記事では利用者が直接感想を書くことのできる下記、口コミサイトを参考にして行きます。

参考とする口コミサイト

では早速評判・口コミを見ていきましょう。

クロネコヤマト引越センターの訪問見積もりの口コミ・評判

こちらの希望を考慮し、迅速に対応していただきました。

冷蔵庫一台だけでも、引っ越しとして扱うようで、一番料金もお安く、

料金表で料金もはっきりわかるので、電話一本でお願いでき良かったです。

30代男性

まずはじめにしたことは、3社見積書をとることからはじめた。そして、やはり一番安い業者に絞り詳細を打ち合わせした。

その時も訪問時間や接客、言葉遣い等安心してまかせられると判断した。

引っ越し当日も、時間に正確で荷物運びもテキパキと実施してくれた。

40代男性

言葉遣いもよく、わかりやすい段取りの説明、挨拶礼儀がしっかりしていてとてもよかったです。

30代女性

口コミからわかること

上記口コミから訪問見積もり時のスタッフの対応は、とても良いことがわかります。

安心して問題ないと言えます。

実際に、利用者の満足度を調査しているオリコンの2017年満足度ランキングのでも上位にランクインしております。

では最後に参考程度ではありますが、実際に見積もりを行った人たちの金額がどれくらいなのかをみてみましょう。

4.クロネコヤマト引越センターの見積もり平均料金・価格

引越しの料金・価格は下記3つによって大きく変動します。

料金・価格が変わる3つのポイント

  • 時期(通常期か繁忙期)
  • プラン
  • 引越しの距離

この3つのポイントを参考にクロネコヤマト引越センターを実際に利用した人の平均費用を調べて見ます。

どのように調べるかと言いますと、実際に引越しをした人が費用等を直接書き込める下記サイトの平均値を参考にします。

合計で口コミ件数は1万以上あるので信頼はできると言えそうです。

参考とするサイト

では早速クロネコヤマト引越センターの料金・費用を見ていきましょう。

通常期(5月-2月)のクロネコヤマト引越センターの料金・費用

※下記の数字は口コミサイトに利用者が直接書き込んだ料金を平均したものになります。あくまでも参考としてください。

~15km未満~50km未満~200km未満~500km未満500km~
単身(荷物少なめ)28,000円29,000円35,000円60,000円75,000円
単身(荷物多め)35,000円40,000円44,000円70,000円90,000円
家族(2人)52,000円59,000円75,000円120,000円140,000円
家族(3人以上)63,000円65,000円85,000円140,000円180,000円

繁忙期(3月-4月)のクロネコヤマト引越センターの料金・費用

※下記の数字は口コミサイトに利用者が直接書き込んだ料金を平均したものになります。あくまでも参考としてください。

~15km未満~50km未満~200km未満~500km未満500km~
単身(荷物少なめ)35,000円47,000円55,000円90,000円110,000円
単身(荷物多め)45,000円50,000円70,000円110,000円160,000円
家族(2人)70,000円77,000円100,000円150,000円180,000円
家族(3人以上)80,000円100,000円130,000円180,000円230,000円

より詳細を見たければ下記記事も参考にして見てください。クロネコヤマト引越センターだけではなく、他の引越業者の平均料金・価格も確認することができます。

【知らなきゃ危険!】クロネコヤマト引越センターの費用・料金は高い?プランごとの相場と安くする方法

引越し準備をしており、大手引越業者のクロネコヤマト引越センターを候補にあげている方も多いでしょう。 ただ、下記のように料金・費用に対してお悩みの方も多いのではないでしょうか? いきなりですが結論をお伝 ...

続きを見る

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

こちらの記事ではクロネコヤマト引越センターの見積もりに関して、下記の内容をご紹介しました。

この記事でお伝えしたこと

  • 正しい見積もり依頼の方法
  • 訪問見積もりの流れ
  • 訪問見積もりのスタッフの評判
  • 見積もりの平均料金・価格

特に重要なこととして下記に再度お伝えさせていただきます。

引越し料金がとても高くなるため、直接クロネコヤマト引越センターに見積もりの依頼を行ってはいけません。

まずは一括見積もりサービスを使って、他の引越業者の安い見積もりを手にいれましょう。

その後安い見積もりをもとに、クロネコヤマト引越センターと料金交渉を行えば費用は必ず安くなります。

また、一括見積もりサービスでは、実績も特典も豊富な引越し侍を利用しておけば間違いありません。

参照:引越し侍

いかがでしたでしょうか?こちらの記事を通じてクロネコヤマト引越センターの見積もりに関する理解を深めていただき、あなたが満足のいく引越しができますと幸いです。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、日本人の3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ同時に下記のような悩みを持って ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

-引越し業者

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.