コラム

引越し時のベットに関する全情報!運べない場合や単身パック、処分したい場合の方法

投稿日:

引越しをする予定があるが、ベットに関して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

大きいベッドは大きさによっては、運ぶことができなかったり、費用が追加でかかる可能性がありますので、くれぐれも注意してください。

こちらの記事を読むことによって、引越しのベットに関する下記の内容が理解できますので是非最後までご覧くださいませ。

1.引越しでベッドを運ぶ際の注意点

引越しでベッドを運ぶときは以下2点に注意しましょう。

引越しでベットを運ぶ注意点

  1. 引越しで運べないベット
  2. 利用者の作業内容

ではそれぞれ見ていきましょう。

注意点1:引越しで運べる・運べないベッド

引越しでは、ベッドをそのまま運べるケースとそのまま運べないケースがあります。

どのようなポイントで分かれるのでしょうか。

ベッドの種類

ベッドは、解体できるベッドと解体できないベッドに分かれます。

解体できるベッドは、必要に応じて解体して運び出します。

解体できないベッドはそのままの状態で搬出・搬入します。

サイズが大きくなるので、解体できるベッドに比べ運びづらくなります。

組み立て式でも、接着剤などを使用しているベッドなどは解体できないベッドに分類されます。

エレベーター

引越しで解体できないベッドを運びたい方は、エレベーターのサイズに注意が必要です。

エレベーターを利用できないと、階段から搬出・搬入することになります。

高層階の場合などは、追加料金を請求されることがあります。

玄関や窓

玄関や通路(階段を含む)の大きさにも注意が必要です。

これらからベッドを搬出入できないときは掃き出し窓などから搬出入することになります。

2階以上の部屋に搬出・搬入する場合は、手吊りやクレーン作業が必要で、これらも追加料金がかかります。

注意点2:利用者はどこまでやる?

続いて、ベッドの引越し時に利用者が行う作業について解説します。

解体と組み立ては基本業者

引越し業者を利用する場合、利用者がベッドの解体・組み立て・設置を行う必要はありません。

引越しサービスに含まれているからです。利用者が行うのは設置場所の指示などだけです。

自分で行わなければ行けない例と解体方法

引越専門ではない業者を利用すると、ベッドの解体・組み立てを行ってもらえないことがあります。

このようなケースでは自分で解体・組み立てを行います。解体・組み立て時に注意したいポイントを紹介します。

メモ

  • 解体する前の状態を写真で記録しておく
  • ドライバーなどの工具を用意する
  • 外したネジを保管する袋を用意する
  • 構造を理解してから解体する

搬出・搬入できるサイズになれば引越は出来ます。

最低限の解体にとどめると、新居で組み立てやすいかもしれません。

ベッドを運ぶ際の注意点は以上の通りです。

続いて、ベッドを運べる単身パックについて解説します。

2.ベッドの運べる単身パック

荷物が少ない引越しに便利なのが単身パックです。ベッドを運ぶことは出来るのでしょうか。

ベッドの運べる単身パックの有無

単身パックは、コンテナボックスに積み込めるだけの荷物を定額で運ぶ引越しサービスです。

コンテナボックスに収まればベッドも運搬できます。

コンテナボックスのサイズを大手引越業者を例にみてみましょう。

ヤマトホームコンビニエンス

  • 単身引越しサービス(miniタイプ) 104㎝×104㎝×130㎝
  • 単身引越しサービス 104㎝×104㎝×170㎝

引越しは日通

  • 単身パックS 108㎝×74㎝×155㎝
  • 単身パックL 108㎝×104㎝×175㎝

上記の大きさを見ればわかりますが、一般的なベッドは、コンテナボックスより大きいので単身パックで運べません。

運べる可能性があるのは次のタイプのベッドです。

運べる別途

  • 折り畳み出来るパイプベッド
  • 分解できるベッド

単身パックを利用したい方は、ベッドのサイズを測ってから相談すると良いでしょう。

では単身パックでベットを運ぶ際の相場とおすすめな業者を簡単に紹介します。

相場とオススメ業者

ヤマトホームコンビニエンスは下記のように単身引越しを展開しており、

  • 単身引越しサービス(miniタイプ)は1BOXあたり11,000円~
  • 単身引越しサービスは1BOXあたり12,000円~

日通では下記のように展開します。

  • 単身パックSは15,000円~
  • 単身パックLは16,000円~

(料金は移動距離・割引の有無などで変動します)。

単身パックを利用したい方は、どちらかの引越し業者に依頼すると良いでしょう。

【知らなきゃ危険!】クロネコヤマト引越センターの単身プランの注意点と安くする方法

※時点でクロネコヤマト引越センターの引越しサービスは一時休止しております。理由は料金を過大請求していた問題を受けた措置となっております。 他の引越し業者を探す場合には引越し一括見積もりサービスが便利で ...

続きを見る

【知らなきゃ危険!】「引越しは日通」の単身プランの注意点と安くする方法

新居も決まり、「引越しは日通」の単身パックを検討しているが、下記のような悩みを持っている人も多いでしょう。 もしあなたが少しでも上記のような悩みにあてはまるなら、元引越業者がまとめたこの記事は参考にな ...

続きを見る

引越しでベッドを運べない方は処分を検討するとよいかもしれません。

続いて、ベッドの処分方法を紹介します。

3.引越しでベッドを処分する方法

ベッドを処分する方法は次の4つです。

4つの処分方法

  1. 粗大ごみとして廃棄
  2. 不用品回収業者へ依頼
  3. オークションでの売却
  4. 引越業者に処分を依頼

ではそれぞれをみていきましょう。

粗大ごみとして廃棄

自治体ごとのルールに従い処分します。基本の流れは次の通りです。

粗大ごみとしての廃棄の流れ

  1. 自治体の担当課へ連絡
  2. 粗大ごみシールを購入
  3. 指定の場所へ運び出す

粗大込みシールの価格は自治体により異なります。

シングルベッドであれば1,000円程度で処分できます。

不用品回収業者へ依頼

不用品回収業者もベッドを引き取ってくれます。

処分料金は自治体より高いですが、希望する時間に自宅へやってきて搬出してくれるなどのメリットがあります。

オークションで売却

人気ブランドのベッドなどは、オークションで売却できます。

送料が高額になるので、この点も加味した値段設定が必要です。

引越し業者に処分を依頼

引越し業者の中には、オプションサービスでベッドなどの回収を行っているとこころがあります。

引越しと同時に処分できる点などが魅力です。

以上、ベッドの処分方法を紹介しました。最後に、ベッドのみ引越しできるかどうかを解説します。

4.ベッドのみ引越したい場合

荷物を自分で運び、運びきれないベッドのみ運んでほしいと考える方はいるはずです。

このようなニーズに対応する引越しプランはあるのでしょうか。

ベッドのみの引越は可能?

引越し業者の中には、家財1つから運搬してくれるサービスを用意しているところがあります。

トラック1台をチャーターするより割安なので、ベッドのみの引越しにオススメです。

ベッドのみ引越の相場

相場は次の通りです。

引越距離シングルベットダブルベット
東京都内16,000円23,000円
東京→大阪19,000円26,000円

ベットだけの引越しも意外とお手ごろですので、ご検討されるのも良いかと思います。

では最後に具体的なオススメの引越し業者を紹介します。

ベッドのみの引越の際のオススメ業者

以上のサービスを提供している代表的な引越し業者が、らくらく家財宅急便を取り扱っているヤマトホームコンビニエンスです。

気になる方は詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

4,504件の口コミ・評判の傾向からわかる「クロネコヤマト引越センター」の注意点

※時点でクロネコヤマト引越センターの引越しサービスは一時休止しております。理由は料金を過大請求していた問題を受けた措置となっております。 他の引越し業者を探す場合には引越し一括見積もりサービスが便利で ...

続きを見る

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらの記事では引越しのベットに関する情報をとことんお伝えしました。

こちらの記事を参考に、あなたが後悔のない引越しができますと幸いです。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ同時に下記のような悩みを持っている人も ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

-コラム

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.