コラム

【引越し見積もり前に確認】片付けの必要性と引越し業者が見ているポイント

投稿日:

引越し見積もりの際には、どのようにすれば少しでも安くなるのか?を考える方も多いかと思います。

1円でも安くしようと複数業者に見積もり依頼をするのが基本ですが、すべての引越し業者において安くさせる方法の一つが見積もり段階で部屋を片付けておくことです。

このようなすべての引越し業者に適用されるポイントを見逃してしまうと、いくら複数業者で金額競争をさせても基本の金額が高くなり、損をしてしまうので注意が必要です。

この記事では、そもそもなぜ見積もり時に部屋を片付けておくことが必要なのか?そして、忙しい方でも効率良く片付けをするための引越し業者が見ているポイントについて説明します。

1. 引越し見積もり時に部屋は片付けて置いた方がいい?

引越しの訪問見積もりを受ける前に、お部屋は片付けておいたほうが良いといえます。

訪問見積りで、引越で運ぶ荷物の量をチェックするからです。お部屋が散らかっていると、荷物の量が多く見えるためワンサイズ大きなトラックを使用される恐れがあります。

トラックの大きさは引越し料金を決める要素のひとつなので、割高になる可能性が高いです。

また、お部屋を片付けていないと、新居で使わない荷物まで運んでしまう恐れもあります。新居のスペースを無駄にするだけでなく、引越し料金が割高になる原因にもなります。

真偽のほどは確かではありませんが、お断り見積もりを出される恐れもあるといわれています。

お断り見積もりとは、依頼を断るため意図的に割高な見積金額を提示することです。お断り見積もりを提示される理由は、荷造りが間に合わないなどのトラブルが予想されるからです。

散らかっていても訪問門見積もりを受けること自体は可能ですが、上記の理由から損をする可能性が高いので片付けを行っておくことを推奨します。

引越しの見積もり時にお部屋を片付けておく必要性を解説しました。続いて、お部屋が散らかっている場合に効率良く片付けを行う注意点をご紹介します。

2. 効率が良い片付け方法(引越し業者が見ているポイント)

忙しい方の場合、片付けたくても片付けられないことがあるはずです。

あてはまる方は、次のポイントに注意すると良いでしょう。

新居での不用品を定める

最初のポイントは、不用品を決めておくことです。引越し業者に依頼しない荷物が明確であれば、散らかっていても荷物を多く見積もられる可能性は減ります。

大型家具・大型家電の量を把握しておく

次のポイントは、大型家具・大型家電の量が分かるようにしておくことです。これらの量がはっきりしていれば、荷物の量を把握しやすくなります。同じく、クローゼットや押し入れなど荷物を沢山収納している場所を整理しておくことも重要です。

以上のポイントなどに気を付ければ、部屋が散らかっていてもある程度は正確な見積もりを出せます。

引越しの見積もり時の片付け・掃除について説明しました。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ下記のように悩んでいる人もおおいと思い ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

-コラム

Copyright© 引越しのいろは , 2019 All Rights Reserved.