コラム

良い引越しの方角・方位は?2018年の運気と対処方法

更新日:

引越しをする予定があるが、引越しの方角や方位に関して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

古くからの習わしや風水に関する情報なので、どこまで信じるかはあなた次第ではございます。

こちらの記事を読では、下記の引越しの方角・方位に関する情報をお伝えしますので是非参考にしてください。

※また、方角・方位の運気とは直接関係ないですが、これから引越しの見積もりをする人は下記の診断ツールを参考にしてください。現在見積もり方法は3つあり「正直おすすめできない」「安いけど面倒」などそれぞれ特徴があるので自分の合うものを見つけましょう。

質問1
すでに頼む引越し業者が決まっている?

1.引越しをする理由も様々

「引越しをしよう!」と思えば「引越しをしなくちゃ」と思う人もいて、「引越しをする」と一言で言っても理由は様々です。

その理由はずばり3つ挙げることができます。

時代の流れとともに、引越しをする理由も変わり、最近の傾向としての3つの理由をお伝えします。

理由1: 今住んでいる物件に不満を感じる

自分が選んで決めた物件であっても、いざ暮らしてみると不満を感じることがあります。

広さに関すること、立地条件、周囲の人との兼ね合いなども気になる部分の主なことです。

内見をした状態では満足いく物件だとしても、実際に家具を入れて暮らすと思った広さにならなくて寛げない、反対に広すぎて落ち着かないなど、毎日体と心を癒す場所でもありますから、気になりだしたら引越しを意識する方が大勢います。

理由2:今よりも条件のよい物件を見つけてしまい

暮らしている物件に満足していても、何もかも全てに満足している状況にはなりにくいのが悲しいところです。

同じ立地条件、間取りで今よりも家賃が低い物件を見つけてしまったら、あなたは引越しを検討しませんか?

同じ家賃なのに、もっと駅が近くて綺麗で防犯セキュリティーもしっかりしているところを見つけたら、引越しをする理由になります。

理由3:結婚や転勤により生活の変化によるもの

こちらの引越しをする理由は、否が応でも引越しをしなければならない状況です。

愛する人とともに生活を送るために新居を探す、今住んでいるところからはどうしても通うことのできない場所への転勤を命じられたならば、引越しをしなければなりません。

最近の傾向としては、どうしようもなく引越しをする人よりも、このように生活の質を上げるために引越しをする方が増えています。

2.運気を上げる引越し方角・方位

それでは本題の引越しの方角と方位をみていきましょう。

風水に由来する引越しの方角・方位

生活の質を上げるための引越しならば、方角・方位を意識しなければいけないといわれてます。

その方角は風水に由来されています。

鬼門などという言葉を聞いたことはありませんか?

風水では方角によって、良い運気を取り入れたり、仮に悪い運気を取り込んでしまっても流してしまう効果があります。

避けたい方角・方位

引越しによって運気を高める方角は、旧居からみます。

住んでいた場所から、どの方角に引越しをするのかで決まります。

まず、避けるべく方角は「北東」「南西」です。

北東は鬼門にあたり、南西は裏鬼門と呼ばれています。

嫌み嫌われる方角として有名ですよね。

2018年に避けたい方角・方位

そして、風水によると年によっても避けるべき方角・方位がございます。

2018年の風水での方角を見ていくと「北」「南」「南東」も避けるべきです。

「北」は、対人運が下がりトラブルが続き、「南」は大病などを懸念し、「南東」は全体的に運気が低迷し、望まない別れを経験することとなります。

2018年に望ましい方角・方位

一方、運気を上げることのできる方角は、「北」「南」「南東」と「北東」「南西」以外ということになります。

そこそこの運気の高まり、停滞を感じる方角で間違っても運気が悪くなることはありません。

もっと、詳しく引越しで運気を高める方角を知りたい時には、九星を利用しましょう。

生まれた年によって振り分けられる星によって、吉となる方角や凶の方角を導き出すことができます。


こちらでは運気の良い・悪い方角や方位をご紹介してきました。

運気を高める方角は、その年によっても変化します。

2018年は上記の内容を参考にしますが、2019年には吉となる方角は変わりますので注意してください。

引越しだけでなく旅行などにも役立つ風水に関する方角ですから、あなたが移動をする際にも参考にしてください。

3.どうしても不安を拭えない方角を選ばなければならなかったら?

引越し先を自由に選べないこともありますし、今住んでいる場所から方角だけで引越し先を決定させることはなかなか難しいことです。

そんな時に、吉となる方角に引越しできなかったから不幸だ!なんて思わないことが大切です。

不幸な気持ちにならないために、不安を拭えない方角への引越しが決まった時の対処法を3つご紹介します。

対処法1:入居前に別の場所で生活をする

最終的に住む場所を吉となるように、今住んでいる場所と新居の間に一つ住む場所を取り入れる方法です。

引越しの前までにまたどこかを賃貸で借りると不必要な予算がかかりますので、方角を確認して引越し先が吉となるような宿泊施設を準備する方法です。

ほんの数日の宿泊でも、そこで生活をしたことになりますので、引越しの方角としては良いものとなります。

対処法2:家に風水を取り入れる

引越しの方角を良くすることができない場合には、引越し先の家に風水を取り入れましょう。

人間関係を良くしたいのならば、家の中心から見て南東の方向にオレンジ色や緑色のものを置きましょう。

これは、悪い人間関係の改善や悪縁切りにも役立つ風水です。

人間関係が良い状況ならば、仕事運も恋愛運も全体的に高めることができますので注目してくださいね。

対処法3:悪い運気は捨ててくる

そして、旧居で使用していた寝具やカーテンは処分しましょう。

長年積み上げた悪い運を、新居に持ち込むことなく、悪い念も持ち込むことにはなりません。

新居では、最低限寝具とカーテンは新しいものを使用するようにすると、部屋も綺麗になり良い気の流れを感じることになります。

こちらはあくまでも風水上のお話しですから、運気は気から!という方は、あまり気にし過ぎると神経質になってしまうかもしれませんね。

4.吉方位に引越ししたらすること

スムーズに吉方位へと引越しができたなら、まずやるべきことは3つあります。

やるべきこと

  1. 挨拶
  2. 掃除
  3. 盛り塩

ではそれぞれをみていきましょう。

挨拶

挨拶は人間関係を円滑にするためにもぜひ行いましょう。

最初していれば、引越ししてから会う機会があればそこで気持ち良くまた挨拶をすることができます。

掃除

掃除は、新築の家ではない限り、前に住んでいた人の気が残っている場合があります。

特に換気と玄関の掃除に取り組むと、新しい気を取り入れることができ、新生活を新しい気持ちで送ることができます。

盛り塩

盛り塩をしている家は最近あまり見かけませんが、盛り塩は邪気を吸い取る効果があります。

吉方角へと引越しをしたとしても、家以外の場所で悪い気にさらされることはままあることです。

そんな邪気を、家の中に持ち込んでしまうと家庭不和や体調不良を引き寄せてしまうことになりますので、盛り塩をし、その盛り塩も一週間に一度は取り替える習慣を身につけてくださいね。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらの記事では引越しの方角・方位に関する情報をとことんお伝えしました。

こちらの記事を参考に、あなたが後悔のない引越しができますと幸いです。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、日本人の3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ同時に下記のような悩みを持って ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

-コラム

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.