スーモ

【知らなきゃ損】スーモの仲介手数料は安い!は間違い

投稿日:

スーモ(Suumo)で物件を検討して、いざ好みの物件で契約!

そんな流れでスーモ(Suumo)から簡単に物件を決めてしまうと、思わぬ落とし穴があります。

それは「仲介手数料」。

敷金・礼金に加え、引っ越し費用に家具の買い替えなど・・・とにかくお金がかかります。

その中でも賃貸契約を行うときに発生する「仲介手数料」。

この「仲介手数料」は0円から最大賃料の1か月分まで、不動産紹介サイトによって幅がありますので、0円のサイトがあるのに1月分を選ばないよう、物件選びの際には確認が必須です。

「仲介手数料」を少しでも安く、さらに無料にできたら、浮いたお金を別の費用に回せて、充実した新生活をスタートできるはず!

この記事では、スーモ(Suumo)における仲介手数料の金額感や、お得な手数料無料物件の探し方についてご説明させていただきます。

そもそも、「仲介手数料」ってなに?

引越しでは、考えなくてはならない初期費用が4つあります。

4つのポイント

  1. 敷金
  2. 礼金
  3. 前家賃
  4. 仲介手数料

その中でも、最も見落としがちなのが「仲介手数料」です。

簡単に言うと、物件を紹介してくれた人へのお礼金です。

仲介手数料とは、物件を紹介してくれた不動産会社に、その対価として支払うお金のこと。不動産会社は、物件の紹介はもちろんですが、入居者と大家さんの取引の安全を図るためのさまざまな手続きもしてくれます。仲介手数料はその手数料でもあり、家賃の1カ月分+消費税が上限と宅建業法で決められています。

引用:Suumo公式サイト

仲介手数料を考えずに物件を決めてしまうと、思わぬ出費で後悔することになります。

例えば、月々12万円・仲介手数料が1ヶ月分の賃貸で1年間暮らした場合、実質、月々13万円払っていることになります。

仲介手数料が無料の物件であれば、最初から家賃を月々13万円まで引き上げることができます。

スーモ(Suumo)で部屋探しするときの仲介手数料って高い?いくら?

法律上は下記のように、上限は1ヶ月として定められています。

貸借の媒介に関する報酬の額 宅地建物取引業者が宅地又は建物の貸借の媒介に関して依頼者の双方から受けることのできる報酬の額(当該媒介に係る消費税等相当額を含む。以下この規定において同じ。)の合計額は、当該宅地又は 建物の借賃(当該貸借に係る消費税等相当額を含まないものとし、当該媒介が使用貸借に係るものである場合においては、当該宅地又は建物の通常の借賃をいう。以下同じ。)の一月分の一・〇八倍に相当 する金額以内とする。この場合において、居住の用に供する建物の賃貸借の媒介に関して依頼者の一方から受けることのできる報酬の額は、当該媒介の依頼を受けるに当たって当該依頼者の承諾を得ている 場合を除き、借賃の一月分の〇・五四倍に相当する金額以内とする。

出典:国土交通省告示 宅地建物取引業法 「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額」

では、スーモ(Suumo)の仲介手数料は?

では、スーモ(Suumo)で掲載されている物件の仲介手数料はいくらなのでしょうか。

他社サービス(ホームズやアットホームなど)と同様で、一般的な仲介手数料0.5〜1ヶ月分を設定している場合が多いです。

掲載されている不動産仲介業者が異なったり、成約率が良い不動産紹介サイトによっては仲介手数料を上げている場合があるので、スーモ(Suumo)以外のサービスでの確認も必要です。

ちなみに、iettyという仲介手数料50%OFFのチャット接客型の不動産紹介サービスがあります。

iettyは通常の不動産サービスとは異なり、チャットで接客をしています。

その為、実店舗を沢山構えるコストをお客様に還元できる事ができ、仲介手数料50%OFFを可能にしています。

不動産会社へ来店をせずに、いつでも気軽に質問できる点も嬉しいですね。

お得な物件情報が多数存在しますので、物件を決める前には一度 iettyでもご確認ください。

スーモ(Suumo)で仲介手数料無料の物件を探す方法

では、スーモ(Suumo)でお得な仲介手数料無料物件を探すにはどうしたらいいのか?

以下で手順をご案内させていただきます。

手順

  1. SUUMOの公式サイトから「人気のテーマからお部屋を探す」をクリック
  2. 「仲介手数料不要!」の項目を選択してください。
  3. 「仲介手数料不要」の特集サイトに移るので、そこから各種条件を入力し、検索してください。この中からお得な物件を探していきましょう!

おわりに

いかがでしたでしょうか。

こちらの記事ではスーモ(Suumo)における仲介手数料の金額感や、お得な手数料無料物件の探し方についてご説明させていただきました。

これからの時期は新生活へ向けて、新たに物件を探す方が多くなってきます。

新生活はあれも!これも!と、とにかくお金がかかってしまいがちです。

初期費用はできるだけ安く抑えたいですよね。

この記事を参考にしていただき、「仲介手数料」を少しでも安く抑える事を実践してみてください。

スタートダッシュを良いものにできる鍵は「仲介手数料」にあるかもしれません。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

料金が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は5,000万人を超え、3人に1人は利用したことがあるサービスです。 ただ同時に下記のような悩みを持っている人も ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、日本人の5人に1人である2,590万人が利用したことのあるサービスです。 ただ利用する前に評判に関して下記のような疑問は持 ...

-スーモ

Copyright© 引越しのいろは , 2019 All Rights Reserved.