引越し業者

引越し業者の早割はオススメできない!プロが伝える早すぎる申し込みの落とし穴

投稿日:

「そもそも引越し業者に早割ってあるの?」「引越しの早割ってオススメなの?」このような悩みを持っている人も多いと思います。

いきなり結論になりますが、早割を展開している引越し業者はほとんどありません。

また、正直に言うと仮に展開していたとしても、ほとんどの業者の早割はオススメできません。

この記事では、なぜそもそも引越し業者に早割がないのか、また仮に実際に展開している引越し業者があってもオススメできない理由を解説していきます。

この記事を参考に早割というお得感に惑わされずに、納得感のある引越しをしましょう。

1.なぜ引越し業者は早割を大きく展開しないの?

まずこちこでは引越し業者と早割について解説します。

早割ってそもそも何

早割は、早期に予約を行うことで通常よりお得にサービスを利用できる特典です。

航空券や自動車保険などで利用できることが多いようです。

引越し業者も早割を用意しているのでしょうか?

引越し業者の見積もりには有効期限がある

残念ながら、ほとんどの引越し業者は早割を用意していません。

引越し料金はトラックの空き状況をはじめ様々な条件で変動するため、早いタイミングで引越し料金や割引額を提示することが難しいからです。

また、引越しの見積もりには有効期限が設定されています。

具体的な期限は引越し業者により異なりますが、2~3カ月に設定されていることが多いようです。

有効期限より前に見積もりを依頼しても正確な料金を知ることは出来ません。

この点も、引越し業者が早割を用意していない理由といえるでしょう。

大手引越し業者の早割と見積もり有効期限一覧

参考に、大手引越し業者の早割の有無と見積もりの有効期限を紹介します。

引越し業者と早割&見積もり有効期限
引越し業者名早割の有無見積もりの有効期限
サカイ引越センター×2~3カ月
アート引越センター×3カ月
日本通運×2~3カ月
アリさんマークの引越社×3カ月
ヤマトホームコンビニエンス3カ月

※見積もりをとれるタイミングを見積もりの有効期限としています。引越し業者の状況などによっては、これより短くなることがあります。


以上、引越し業者と早割について解説しました。

続いては筆者調べたなかで唯一早割を展開していたヤマトホームコンビニエンスの内容をみていきましょう。

2.ヤマトホームコンビニエンスの早割の内容

ヤマトホームコンビニエンスは、「単身引越しサービス」と「単身引越しサービスmini」で早割に当たる「早期申込割引」を用意しています。

早期申込割引は、14日以上先の引越しで搬出日が確定した場合に適用される割引です。

割引額は1件あたり1,000円です。現金・クレジットカードでお支払いの方が対象になります。

「単身引越しサービス」と「単身引越しサービスmini」は専用のボックスに積みきれるだけの荷物を定額で運ぶサービスなので、早期申込割引はお得といえます。

ちなみに、ヤマトホームコンビニエンスが扱う家族の引越しに、早割に当たる割引特典は用意されていません。

ヤマトホームコンビニエンスの早割を紹介しました。最後に、早割を勧めない理由を解説します。

3. 引越し業者の早割をオススメしない理由

以上の通り、大手引越し業者の多くは早割を用意していません。

その他の引越し業者が早割を用意している場合、積極的に利用するべきなのでしょうか。

当サイトは、次の理由から積極的に利用する必要はないと考えます。

早割をしなくても引越し料金は下がる

引越し日時などにより料金が変わることからわかる通り、引越し料金に定価はありません。

たいていの場合、最初に提示された見積額から割引をしてもらえます。

早割を導入している引越し業者は、割引の口実に早割を掲げているにすぎません。

交渉をすれば同等額程度の割引をしてもらうことは可能なので、早割を導入している引越し業者をわざわざ選ぶ必要はないといえます。

例外として挙げられるのが、ヤマトホームコンビニエンスの「単身引越しサービス」と「単身引越しサービスmini」に代表される定額のプランです。

これらには定価があるので、割引を受けられる意味は大きいといえます。

直前の方が引越し業者は隙間を埋めようと切羽詰まっているので安くなる傾向

早割を勧めないもう一つの理由が、引越し直前の方が料金交渉をしやすいケースがあることです。

直前のスケジュールが埋まっていない引越し業者は、空きを埋めるため大幅な割引に応じてくれることがあります。

引越しでは、早割がお得とは言い切れないのです。

ただし、繁忙期は引越し業者のスケジュールが早く埋まるので、引越し直前になると申し込みを行えないことがあります。

安くなる可能性があるとはいえ、ぎりぎりまで申し込みを遅らせることはオススメできません。

出来れば1カ月前、遅くとも2週間前までには申し込みを済ませておきましょう。

引越し料金は、一括見積もりサービスなどを利用して交渉すれば抑えることが出来ます。

以上、引越し業者の早割について解説しました。

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

引越し費用が安くなる方法としてよく知られている「引越し一括見積もり」 利用を検討してみたいけど、下記のようなお悩みも多いのではないでしょうか。 こちらでは、大手引越業者に9年勤めていた筆者が、時点で確 ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする引越し侍。独特なCMやラジオで有名なサービスです。 引越し費用を安くできる「引越し一括見積もりサービス」を展開し、累計実績2,600万件の業界シェアダントツ1位を誇 ...

-引越し業者

Copyright© 引越しのいろは , 2018 All Rights Reserved.