コラム

引越し業者に返金してもらえる3つのケースと依頼方法

更新日:

「もっと条件の良い引越し業者があったけどキャンセル料とられるか心配」

「引越し荷物に高価なものがあって心配」

など、引越し目前で具体的な心配事ができている方も多いと思います。

私自身、数十万円するギターを含めて引越しした際は、「落とされたらどうしよう…」と引越しが終わるまでの数日はぐっすり眠れませんでした。

このような場合でも、事前にどのような補償(返金)対応がされるか、またどのように依頼をすればいいのかを理解しておくことで緊張や不安も解消されるはずです。

この記事では、そんなあなたの不安を解消するべく、引越し業者が返金対応をとってくれる3つのケースと、その依頼方法をご紹介させていただきます。

※しっかり返金してくれるかも重要ですが、もっと大切なことはそもそも良い引越業者選ぶことです。

様々な観点から計18のランキングを紹介しているので、あなたに最適な引越業者が見つかります。

何が必要なの?引越し時に必要なする事を引越し時・前・後でまとめてみた

引越し先や、引越しの日程・業者を決めるだけでは引越しは終わりません。それに伴って必要な手続きや用意しなくてはならないものが発生します。 税金などに大きく関わる役所手続きや、生活に欠かせないライフライン ...

続きを見る

引越し業者から返金される3つのシチュエーション

引越し業者に返金対応を行ってもらえるケースは以下3つに分けられます。

返金の3つのケース

  1. キャンセル時
  2. 物損が発生した場合
  3. サービスが依頼内容と異なった場合

上記3パターンについて、以下で詳細をご説明いたします。

1.キャンセル時

引越し業者から返金を受けられるケースのひとつが「契約キャンセル時」です。

契約キャンセル時に受け取れる返金額については、国土交通省が定めている「標準引越運送約款」を参考にすることが出来ます。

標準引越運送約款では、以下のように定められています。

解約を申し出た日解約手数料(キャンセル料)
前々日運賃及び料金の20%以内
前日運賃及び料金の30%以内
当日運賃及び料金の50%以内

(※平成30年6月1日~)

以上から、引越し予定日の3日前までにキャンセルを申し出れば、運賃及び料金の全額を返金してもらえることが分かります。

前々日以降は、運賃及び料金から解約手数料を除した金額が返金額となります。

ちなみに、引越し3日前までに引越し業者から見積書記載内容などに変更がないか確認がなかった場合、キャンセル料の支払い義務は発生しません。

また、具体的な返金額(キャンセル料)は、利用する引越し業者により異なりますので、詳しくは各引越し業者が定める「標準引越運送約款」をキャンセル前に確認しましょう。

2.物損が発生した場合

引越し業者から返金を受けられるもう一つのケースが「物損」が発生したときです。

引越し業者は細心の注意を払い荷物を運搬しますが、それでも避けられないトラブルはあります。

引越し業者が、荷物の引き渡しや運送、保管などに注意を怠らなかったことを証明できない場合、荷物やその他のものの滅失、き損などに関しては、引越し業者が賠償責任を負います。

引越し業者が負う責任については「標準引越運送約款」に記載されているので、引越し作業前に確認しておくと良いでしょう。

返金を受けられると聞くと、破損した物の「新品時の価格分」と考えてしまいますが、新品時の価格を返金してくれることはありません。破損した時点での価値に基づく補償となります。

また、返金ではなく、修理や代替品との交換となる場合もあります。

荷物の紛失や破損が生じたときに活用されているのが運送業者貨物賠償責任保険です。この保険は、運送中の荷物の紛失や損害で生じた引越し業者の賠償責任を補償します。

ただし、全ての荷物を対象としているわけではありません。宝石や貴金属、美術品や骨とう品などは、基本的に補償の対象外になります(あるいは限度額が定められています)。

万が一のトラブルに備えたい方は、引越し業者が運送業者貨物賠償責任保険に加入していることを確認するとよいでしょう。あわせて、補償の範囲・補償額の上限についても確認しておくと安心です。

3.サービスが依頼内容と異なった場合

引越しサービスに不手際(依頼内容と異なるなど)があった場合も返金を受けられる可能性があります。

例えば、契約書に記載されている作業員数より実際の作業員数が少ないケースで、人件費に相当する金額の返金を受けられることがあります。

その他では、契約書に記載されているトラックの台数や作業時間に変更が生じた場合なども返金を受けられることがあります。

返金の有無は契約内容などに影響されるので、契約前に返金を受けられるケースを確認しておくことをオススメします。

以上、引越し業者から返金を受けられるケースを紹介しました。

最後に、上記のシチュエーションに陥った場合の引越し業者へ返金を依頼する方法を解説します。

引越し業者へ返金依頼をする方法

何かしらの理由で引越し業者から返金を受けたいときは、引越し業者の営業担当者あるいは引越し業者の問い合わせ窓口へ連絡します。

返金を求める理由を示せば、引越し業者としての見解を述べて対応してくれるはずです。

以上、引越し業者と返金について解説しました。

※しっかり返金してくれるかも重要ですが、もっと大切なことはそもそも良い引越業者選ぶことです。

様々な観点から計18のランキングを紹介しているので、あなたに最適な引越業者が見つかります。

何が必要なの?引越し時に必要なする事を引越し時・前・後でまとめてみた

引越し先や、引越しの日程・業者を決めるだけでは引越しは終わりません。それに伴って必要な手続きや用意しなくてはならないものが発生します。 税金などに大きく関わる役所手続きや、生活に欠かせないライフライン ...

続きを見る

おすすめ記事

1

引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお ...

2

引越し料金を安くしたいなら必ず利用した方がよい「引越し一括見積もり」 主なサイトだけでも利用者は6,000万人を超え、2人に1人は利用したことがあるサービスです。(2019年11月時点) ただ下記のよ ...

3

引越しをする際に誰もが一度は耳にする「引越し侍」 料金が安くなることで有名で、2019年11月時点で日本人の4人に1人である3,662万人が利用したことのあるサービスです。 参照:引越し侍 ただ利用す ...

-コラム

Copyright© 引越しのいろは , 2019 All Rights Reserved.